“AFFINITY CYCLES” ANTHEM STAINLESS STEEL ROAD FRAME SET

先週AFFINITY CYCLESから突如ステンレス製ロードフレームが発表されました。

以前からテストを重ねている様子がSNS上で目撃されていたこともあり、早速こちらにも心待ちにしていたというお客様からのお問い合わせを多数いただいております。

このほど至急確認を進めておりました、入荷時期をはじめとする詳細が判明いたしましたので、本日よりOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーにてプレオーダーの受付を開始いたします。

設立から12年、トラックバイクメーカーとして確固たるポジションを築いた彼らにとって、久しぶりのリリースとなるロードフレームは、タフさと軽量性を兼ね備えたステンレススチール素材。

厳しいニューヨークのストリートに揉まれてきた彼ららしいチョイスと言えるでしょう。

かつてフラッグシップ的な位置付けの特別なトラックフレームとしてもリリースされたことのある ANTHEM の名前を冠していることからも自信のほどが伺えます。

ステンレスならではのマットなサンドブラスト仕上げにポリッシュで施されたグラフィックも目を引きますね。

44mmヘッドチューブに1/8~1.5インチのテーパードカーボンフォークをセッティング。

ボトムブラケットも高い剛性と信頼性を備えたT47規格を採用しています。

ケーブルはインターナル式でシフトケーブルガイドは着脱可能ですから、メカニカル、Di2、eTapいずれの方法でもクリーンなビルドが可能です。

AFFINITY CYCLES” ANTHEM STAINLESS STEEL ROAD FRAME SET

サイズ:XS、S、M、L
素材:2205 ステンレススチールバテッドチューブ
BB規格:T47 68mm
フロントエンド幅:100mm
リアエンド幅:130mm
タイヤクリアランス:〜28c
ヘッドセット:1-1/8″ – 1.5″(ZS44&EC44)ヘッドセット付属
シートポスト径:27.2mm

¥218,000(税抜)

発売は6月中旬を予定しております。

すでにアメリカ本国でもかなりの人気を集めており、生産数も決して多くはないことから、日本への入荷も非常に少なくなっておりますので、ぜひお見逃しなくチェックを。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。

“AFFINITY × HENNESSY” MAJOR TAYLOR COLLECTION

“AFFINITY CYCLES”と老舗コニャックブランド”HENNESSY”によるリミテッドコレクションが発表されました。

こちらは19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した偉大なトラックレーサー Major Taylorの功績を讃えるもの。

日本では3月9日(土)より発売を開始いたします!

”HENNESSY”が行動や業績を通じて人類の可能性を広げた偉人にスポットを当てる「Wild Rabbit」キャンペーン。

その最新作では19世紀末から20世紀初頭にかけてシーンを席巻したアフリカ系アメリカ人トラックレーサーMarshall “Major” Taylorにフォーカス。

Major Taylorは人種差別が当然のように蔓延する時代に理不尽な妨害や脅迫に苦しめられながらも困難に立ち向かい、数々の世界記録を樹立、1898年のトラックワールドチャンピオンに輝くなど、スポーツ界における人種差別への挑戦の先駆けとして以降同じような差別に直面した選手たちの道しるべとなった人物。

このキャンペーンの一環としてブルックリンを拠点とするトラックバイクブランド“AFFINITY CYCLES”が彼にオマージュを捧げるバイクを製作しました。

ベースはクロモリならではの細身で美しいシルエットが特徴のMETROPOLITAN。

現代的なアレンジを加えつつ、Major Taylorの象徴的な黒いトラックバイクを再現しています。

アッセンブルされるパーツについても彼のバイクの雰囲気を再現することにこだわり、当時のレーシングバイクの面影を残すシルバーパーツと”HENNESSY”の美しい色合いを思わせるコニャックカラーのレザーパーツで組み上げられています。

アメリカ本国においてはストーリーに沿った厳格なイメージを大切にしたいという”HENNESSY”側の強い意向で完成車販売のみとなっておりますが、日本国内での販売分につきましては組み上げの自由度に配慮してフレーム、クランク、レザーサドル、レザーバーテープ、レザーストラップがセットになったビルドキットでご用意することができました。

前後ともにブレーキ取り付け穴を備え、トップチューブにはリアブレーキ用のインターナルケーブルガイドが設けられていますから、トラックバイクのシンプルで美しいルックスを損なうことなくストリートでの使用も完璧にこなすことができます。

伝統的なトラックドロップバーで当時のムードに思いを馳せてみるのはもちろん、市街地をスピーディに駆け抜けるストリートクルーザー的に、はたまたクラシカルな雰囲気を活かしてゆったりとしたコミューター仕様で組み上げるのもいいでしょう。

極少量&一度限りの入荷となりますので、このスペシャルな一台をお見逃しなく。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。

“CADENCE×100%” LIMITED COLLECTION

“CADENCE”と注目のアイウェアブランド”100%”、いずれもカリフォルニアに拠点持つ両ブランドが手を取ったリミテッドコレクションが発表されました!

日本では12月1日(土)より発売を開始いたします。

“100%”

80年代のモトクロスシーンをルーツとするアメリカンブランド。

モトクロスやグラビティ系MTBのゴーグルメーカーとしては知られた存在ではありましたが、近年はロードサイクリング向けアイウェアにも力を注いでいます。

まだ国内では馴染みのない方も多いかもしれませんが、世界王者ペテル・サガンが愛用している特徴的なサングラスと言えばピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回発表されたアイウェアは今年まさにペテル・サガンがパリ〜ルーベを制したときにかけていたものと同じモデル。

ひときわ厳しいクラシックレースでの勝利を支えた機能性は折り紙つきと言えるでしょう。

通常ラインナップは発色の良いレーシーなカラーが大半なのですが、コラボレーションモデルはHAVANA(鼈甲)にシャンパンゴールドのミラーレンズを組み合わせたなんともシックなカラーリング。

ワンピースレンズならではの広く歪みのない視界はパフォーマンスを最大限に引き出してくれることでしょう。

交換用のクリアレンズも付属しますから、夜間や荒天を含めた幅広いシチュエーションでお使いいただけます。

あわせて両者のエッセンスがうまく融合したシックでスピード感のあるデザインのサイクリングジャージ&ビブショーツもラインナップされています。

写真で着用しているヘルメットとアームウォーマーも入荷していますので、ここは全身でバシッと決めてライドに出かけたいところですね。

人と違うものが欲しいけれど、機能性にも妥協したくない!というこだわり派の方には間違いのないチョイスになりそうです。

いずれも限定数量での入荷になりますので、ぜひお見逃しなくチェックを。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。