open distribution's diary

d2691165-1a72-40e0-b5b6-419550d404cd

マウンテンバイク黎明期から素晴らしいパーツを生み出しているWTBとBlue Lugのコラボレーションによるサドルが待望の入荷。

ベースとなったサドルはWTBのラインナップの中でも名品として名高いSilveradoとPure Vの2種。

長らく欠品していた人気カラー、迷彩・ブラウンともに再入荷しております。

 

【WTB × BLUE LUG – SILVERADO SADDLE】

ff3ab37e-c901-4c64-aea0-5cecf63c18f8

Silveradoは薄くスリムなシルエットが特徴。

適度なしなりとペダリングに干渉しにくいデザインはハイテンポなライドに最適です。

2a0cc19f-3c9b-4504-b027-2c96af6f615d

ロードやシクロクロスバイク、XC MTBやトラックバイクなどにもベストマッチ。

ドロッパーポストを装着したフルサスペンションMTBにも良いですね。

ブラウンカラーにはシルバー、カモフラージュカラーにはオレンジのロゴとなっておりどちらも良いアクセントになっています。

サドルのサイド部分は破れに強いケブラー繊維を使用しており、転倒しても穴の開きにくい配慮がされています。

この辺りの仕様にもMTBブランドらしさを感じます。

 

【WTB × BLUE LUG – PURE V SADDLE】

976a3736-3a3d-4b5a-a58f-2f5feea31563

Silveradoとはうって変わってボリュームのあるボディがこのPure-V。

見るからにクッション性が高く、実際に座ってもソファーのように極上の座り心地を誇る名品。

8917622c-7636-491b-8b8b-dde059296312

MTBライダーには古くから愛用されているサドルでMTBにはもちろん、ゆったりと街を楽しむコミューターやツーリングバイクとも抜群の相性を誇ります。

やわらかい座り心地なので女性にもお勧めしやすいのがこのモデル。

サイドはもちろんSilveradoと同じくケブラー繊維仕上げなので、レザーサドルなどと比べ気を使わなくて良いのもうれしいですね。

あらゆる車種にフィットしカスタムを楽しくしてくれるサドル達。

比較的お求めやすい価格で気軽に挑戦しやすいのもポイントです。

絶好のライドシーズン、愛車の印象をガラリと変えてくれるフレッシュなサドルで気分を一新してみては?

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。


37df60cc-557b-4bf8-8b64-3ee8999d9b43

優良サイクルパーツメーカーの高品質なモノ作りと、クリエイティブなマインドを持った自由な発想力の出会いから生まれる新鋭ブランド”FAIRWEATHER/フェアウェザー”。
長年にわたり良質なサイクルパーツを数多く生み出し続けてきた”NITTO”との共同開発によるベストセラー商品”M174AA ALL ROAD BAR”が再入荷いたしました。

a189521d-17dd-47f0-8340-fc3d71aab1c1

伝統的なツーリング向けロードドロップハンドルをベースにFAIRWEATHERらしく現代的なアレンジを施した1本。

35933777622_2164794092_b

クラシカルなシェイプながらもリーチは短めの75mm、ドロップも125mmと浅めの設定でブラケット部とドロップ部のどちらも握りやすくなっています。

d0c2e256-58f9-4239-aea5-aad84b06699d

33281254773_0a1abc9727_b

ハンドル幅は380mm~460mmと幅広くラインナップ。

癖がなくコントローラブルな形状はロードバイクにはもちろんシクロクロスバイクにもおすすめです。

091802

091801

ツーリングバイクであればバッグのサイズや積載量に合わせて安定性の高い幅広のものをチョイスしたり、マウンテンドロップ的に活用することもできるまさにオールロードバー。

33250367834_4cbf661a88_b

NITTO製だからこそ実現できた手仕事による繊細で美しいシェイプは細身のスチールバイクと相性抜群。

もしドロップハンドルをお探しであれば、ぜひ候補に加えていただきたい1本です。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。


ニューヨーク、ブルックリンを拠点とし本物のトラックバイクに拘りストリート、
そしてシリアスなトラック競技者から絶大な支持を集める”AFFINITY CYCLES/アフィニティーサイクルズ”。

_MG_4733-finalffff

今年で10周年を迎えブランドがスタートした時からラインナップされている彼らのルーツといえるモデル”Lopro/ロープロ”の10周年記念のスペシャル仕様となり限定リリースされることが決定しました!
10周年モデルのLoproはスペシャルにふさわしい美しさとAFFINITY CYCLESらしさの詰まったフレームとなっています。
このLoproは通常モデルと異なりフィレット溶接仕上げが採用されています。
とても手間のかかる溶接ではありますが滑らかで美しい溶接痕はLoproのカッコよさをより引き立てています。
さらにこの溶接の美しさを引き立てるために塗装はクリアーコートに競輪スタイルのラメのみ。
フロントフォークは2017年モデルよりリニューアルされ競輪フレームを感じさせる綺麗な弧を描いたベンドタイプのフォークが採用されています。
日本へはもちろん前後ブレーキ穴を完備しブレーキアウターはインターナルの特別仕様での入荷です。

10周年記念Loproの日本仕様は全サイズ合計で限定40本。
ごく僅かな入荷数ですのでお見逃しなく!

21224404_285000148649195_1615982256868818944_n
_MG_4747

このAFFINITY CYCLES10周年記念のLoproはお取り扱い店舗様にてご予約可能となっております。
お近くの自転車店でのご購入や通販をご希望などのアドバイスなども行っておりますのでinfo@weareopen.jpまでお気軽にお問い合わせください!

21296077_1609256685791954_1833762821335154688_n
_MG_4743

“AFFINITY CYCLES”10周年記念スペシャル Lopro frame set
・価格:108000円(税別)
・サイズ:S(SEAT TUBE C-C530mm、TOP TUBE C-C515mm)、M(SEAT TUBE C-C570mm、TOP TUBE C-C535mm)、L(SEAT TUBE C-C605mm、TOP TUBE C-C565mm)
・シートポスト径:27.2mm(シートクランプ径30.0mm)
・フロントエンド幅:100mm
・リアエンド幅:120mm
・ヘッド:1インチ アヘッド(イタリアン)
・BB規格:JIS 68mm
・ホイールサイズ:前後700c
・素材:4130クロモリ オリジナルエアロチューブ
・フィレット溶接仕様
・日本特別仕様として前後ブレーキホール、ブレーキワイヤーはトップチューブ内を通るインターナル
※2017年9月入荷予定


夏場にメッセンジャーバッグやバックパックを背負っている時の嫌な背中の汗。
自転車に乗る人なら誰もが思い当たるのではないでしょうか?
そんな背中の汗対策にBLUE LUGが生み出した救世主、その名も”MESHENGER PAD/メッシュンジャーパッド”が到着しました。

c6e884831668626871044227a6964be7

【MESHENGER PAD】

1DPP_38366

メッセンジャーバッグから背面パッドを備えていないようなクラシックなバックパックまで、どんなバッグでも背中に挟み込むだけで手軽に風通しの良い快適仕様にチェンジ。

1DPP_38365

およそ5mmの厚みがある立体メッシュが背中とバッグの間にすきまを作り、蒸れを大幅に軽減してくれる優れものです。

1DPP_38364

付属のゴム紐の通し方を変えることで多くのメッセンジャーバッグやバックパックにフィットします。

1DPP_38359

真夏、最も過酷な環境に身を置く職業の一つといってもよいメッセンジャーにも愛用者の多いアイテム。

DPP_38361

プロユースの大型メッセンジャーバッグや大容量のバックパックには一回り大きなラージサイズもご用意がございます。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。


header-image のコピーのコピー

7/31締め切りにて開催させていただいたCADENCEのinstagram上でのフォトコンテスト#mycadencecollectionへ沢山の投稿ありがとうございました!

名称未設定 1 のコピー

この沢山の投稿の中から優秀賞とDustin Kleinの選ぶDustin賞を発表させていただきます!
優秀賞は一人のみの予定でしたが良い写真が多く選びきれないということで今回3名を選ばさせていただきました!
まず優秀賞の3名はこちらです。

001

@suz_ibriさんによる投稿の1枚。

LOW Bicyclesを駆り、CADENCE X LOW kitをバシッと決めるという完璧な1枚!
しかも洞爺湖を通っての通勤だというのがまたすごいです!
優秀賞賞品のCADENCE詰め合わせキットをぜひこのハードな通勤に使ってください!

002

二人目の優秀賞は@dodonpathさんによる1枚。

名作Conqueror kitでバイクフィッティングしている様子を収めた1枚。
走りに対しての探究心をを感じる一枚。
このKitをずっと愛用してくれているのも他の投稿からも見る事が出来るのも本当に嬉しいです。
CADENCE詰め合わせキットでガンガン遊び倒してください!

003

そして最後の優秀賞はこちら。
@hoshさんの投稿による1枚。

もうこの投稿のコメントに尽きます。
初期から現在までのCADENCEを愛してくれているのがビシビシ伝わってきました。
Dustin Kleinが直筆で書いたメッセージにダンボールの切れ端!も大事にしていてくれているのに感動です。
これからもCADENCEを愛し続けてください!

そして最後にCADENCEの創始者でありデザイナー、アーティストであるDustin Kleinが選ぶDustin賞です。
Dustinの選んだ一枚はこちら。

004

@yohei36さんによるもの。

臨場感あふれる名作グローブMinimalistを着用しての一枚。
このグローブの隠れた特徴である手のひらのグリッパーがCADENCEのロゴになっているのが良く分かるカッコいい写真!

以上の4名が今回の#mycadencecollectionの受賞者の皆さんとなります。
賞品の方を贈呈させていただきますのでInstagramよりDMの方をお送りさせていただきます。

今回沢山の投稿をしていただき本当にありがとうございました!
これからもCADENCE COLLECTIONをよろしくお願いします!


button

button

button

follow us in feedly