open distribution's diary

Archive for the ’1月2016’

1

もはや説明不要とも言えるRAWをはじめとするCADENCEの名作パンツ類。
デザイナーのDustin Kleinによる度重なるサンプルを経て生まれたサイクリングパンツのマスターピース。

2

日々自転車を乗り倒すメッセンジャーやライダーの為にタフであり快適にライディングができるように設計されています。
サイクリストの悩みといえばサドルの摩擦によるおしり部分の磨耗。
CADENCEのパンツはCADENCEの特許による補強加工が施され破れることを知らず愛用することができます。

8

また特筆すべきはオリジナルのテーパードフィットのシルエットの美しさでしょう。
ライディング時から歩いているときまでも美しく見える完璧なシルエット。

4

絶妙なテーパーは裾をチェーンリングに噛みこんでしまう事もありません。
動きやすさも配慮し生地にはしっかりとストレッチ性があり快適にライドを楽しむことが可能です。

6
5

ボタンなどのハードウェアはすべてオリジナル、バックパッチはリフレクター仕様と細部まで死角無し。

現在、アメリカ国内の工場にて2016年の春に向けて急ピッチで生産されています。
不動のナンバーワンであるノンウォッシュデニムで一切染色などされていないまさに”生”であるRAWとブラックデニムのEXONの定番2タイプに加え、今シーズンは濃いネイビーに染色されたDEEP INDIGO、そしてチョコレートカラーのTWILL TROUSERの2種も仲間入りします。
これらのパンツは全てMADE IN USAに拘り一つ一つ丁寧に作り出されています。

7

春のライディングを是非このパンツと共にお楽しみください。


Phil Woodは競輪を愛しています。
競輪フレームの一部には特殊な規格である110mmリアエンド規格が存在します。
これに対応したパーツは所謂NJSと呼ばれるパーツしかほぼ存在していなく110mmリアエンドのフレームに乗っている人はパーツの選択肢が一般的なものに比べて極端に少ないのです。
競輪を愛するPhil Woodはその110mmエンド規格に対応するコンバージョンキットをアメリカンブランドで唯一作っています。

Processed with VSCOcam with hb2 preset
(上が通常の120mmエンド用のシャフトキット、下が110mmエンド用のシャフトキット)

このコンバージョンキットをリアハブに換装することで110mmエンドのピュアな競輪フレームにタフで美しいPhil Woodのハブを足回りに使うことが可能です。
(フロントハブはボルトオンタイプなので通常タイプのまま110mmリアエンド車に装着することが出来ます)
もちろんPhil Woodのハイフランジハブ、ローフランジハブどちらにも対応しています。

Processed with VSCOcam with hb2 preset

競輪フレームを愛する人には嬉しいキットなのでは?
110mmリアエンドのバイクに乗っているライダーの足回りの選択肢に是非Phil Woodをどうぞ。

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまで。


button

button

button

follow us in feedly