open distribution's diary

ea467910-afba-4c08-a8dd-a8a759336c70

b53cd132-3ddd-40db-b4a6-6d71c7f701ad

LAを拠点にシンプルで洗練されたアーバンサイクリングアパレルを発信する”swrve”からウールとシルクを贅沢にブレンドした、暖かでとても履き心地の良いソックスが到着しました!

【MT. WHITNEY WOOL SOCKS】

100902

最高のパフォーマンスと耐久性を兼ね備えた、高品質なウールとシルクを贅沢にブレンドした素材を使用。
ウールは自然に温度と湿度を調節し、暑い時には涼しく寒い時には暖かに足を快適な状態に保ちます。
また、素材本来の抗菌性により長時間使用しても嫌な臭いがするのを防いでくれます。
それに加えてシルクのソフトでなめらかな肌触りはウールソックスの快適な履き心地をさらに極上のものに高めています。

100907

このソックスのネーミングはアメリカ合衆国本土で最も高い山であるシエラネバダ山脈のMt. Whitney(標高 4,418m)から取られたもの。

100908

swrveのデザイナーであるMattはこのソックスとともにMt. Whitneyに挑み、およそ距離35km、標高差1,900mもの道のりを大きなトラブルもなく登頂に成功したのだそう。
単純に富士山より600m以上高いと考えてもその厳しさを伺い知ることができますね。
ソックスは登山ギアの中では目立たない存在ですが、過酷な環境になるほど選択に慎重になるべき重要なアイテム。
さらにこの挑戦に向けて数ヶ月にわたりこのソックスをテストしていたということからも、高いパフォーマンスと耐久性を備えていることがわかります。

100901

ごま塩状にネップ(糸の節)が混ざった暖かな表情も魅力的。
かかととつま先、くるぶしとアキレス腱部分は厚く編み上げられており、クッション性と保温性を向上させています。

100912

101002

100911

ハイキングなどのアウトドアアクティビティからウィンターシーズンのライディング、さらには普段使いまで幅広く活躍する最高に心地のよいソックスです。
お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。


button

button

button

follow us in feedly