Archive for the "Affinity Cycles"

AFFINITY CYCLES – KISSENA

AFFINITY CYCLES - Kissena (Dark Gray Metalic)

ニューヨーク、ブルックリンを拠点とし本物のトラックバイクに拘りストリート、そしてシリアスなトラック競技者から絶大な支持を集める”AFFINITY CYCLES/アフィニティーサイクルズ“。

UCI世界選手権やRED HOOK CRITをはじめアメリカ国内外で多くのタイトルを手中にしてきたAFFINITY CYCLESが誇る生粋のレーサーがこの”KISSENA/キッシーナ”です。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)

“KISSENA/キッシーナ”は、アメリカ国内外のトラックレースにて勝利を重ね、同郷ブルックリンで開催されるFIXED GEAR BIKEオンリーのハードコアクリテリウムRED HOOK CRIT、ヨーロッパのシックスデイレース(6日間連続の過酷なレース)やUCI世界選手権でも立て続けに優勝を成し遂げた、AFFINITY CYCLESの名前を一躍有名にしたフラッグシップモデルのアルミのエアロトラックフレームです。

AFFINITY CYCLES - KISSENA
AFFINITY CYCLES - KISSENA
IMG_22159

フレームセットは、航空機などで使用されるレベルの最高レベルの7005番のアルミニウムパイプのフレームに、アルミニウム製ステアリングコラムの1 1/8インチインレグレーテッドトラック用カーボンブレードフォークで構成されています。

AFFINITY CYCLES - Kissena (Dark Gray Metalic)

KISSENAは数多くの選手とストリートライダーからのフィードバックによって作り出されたAFFINITY CYCLES特許のジオメトリを採用し爆発力があり刃物のような鋭い走りを実現しています。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)
IMG_22160

そして一体型シートチューブは他に類を見ない強度と安定性も生み出しライダーの力をロス無く推進力へと変えてくれます。
ハブのズレを防止するための交換可能なインサートを装備した頑丈なリアドロップ、極限までコンパクトにしたリアの三角と特徴的なシートチューブのえぐれが、タイトなホイールベースとホイールポジションを可能にしています。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)
AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)

日本特別モデルはフロント・リア共にブレーキ取り付け穴を備え、リアのブレーキワイヤーはトップチューブ内を通るインターナル仕様。
トラックバイクらしいシンプルで美しい外観を損ねずに前後のブレーキを取り付けることが可能です。

AFFINITY CYCLES - KISSENA
IMG_22164

IMG_22163

トラック競技のためのピュアレーサーとしても、そして街中をぶっ飛ばすストリートレーサーとしても最高です。
このキレの良い走りを味わうと他のバイクに乗れないほど中毒性のあるAFFINITY CYCLESの誇る名車です。

Lo Proと同じく2016年のKissenaも素晴らしいカラーラインナップとなっています。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)

数年前のモデルに存在した人気カラー”Raw”が待望の復活。
アルミニウムパイプにクリアーコートのみを施したありのままのフィニッシュ。
何も隠すことのできないこのカラーはフレームの素材の品質の高さと溶接技術の高さゆえにできるAFFINITY CYCLESらしい自信にあふれるカラーです。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)

この美しく、力強さを感じる溶接痕がこの”Raw”カラーの一番の魅力でしょう。
Kissenaのフレームの持つ力をさらに引き出して見える素晴らしいフィニッシュです。

AFFINITY CYCLES - Kissena (raw)

Rawカラーと共に新色となるのが”Dark Gray Metalic”。

AFFINITY CYCLES - Kissena (Dark Gray Metalic)

黒に近いマットフィニッシュのダークグレーメタリックにグレーのロゴの映えるそのコントラストが見事なカラーです。

AFFINITY CYCLES - Kissena (Dark Gray Metalic)
AFFINITY CYCLES - Kissena (Dark Gray Metalic)

そして最後のもう1色は昨年から継続となる人気カラー”Film Grain Black”。

IMG_22161
IMG_22160

この3色の2016年モデルのKissenaも他モデルと同様に3月下旬の入荷予定となっています。
日本上陸をお楽しみに!

IMG_22165

“AFFINITY CYCLES” Kissena frame set

・価格:123,000円(税別)
・サイズ:XS(SEAT TUBE C-C440mm、TOP TUBE C-C482mm)、S(SEAT TUBE C-C520mm、TOP TUBE C-C520mm)、M(SEAT TUBE C-C540mm、TOP TUBE C-C555mm)、L(SEAT TUBE C-C550mm、TOP TUBE C-C575mm)
・BB規格:JIS 68mm
・フロントエンド幅:100mm
・リアエンド幅:120mm
・ホイールサイズ:前後700c
・素材:航空機グレードの7005番アルミパイプ使用のエアロトラックフレーム
・1 1/8インチインレグレーテッドヘッドセット(campy 45º)
・トラック用カーボンフォーク(コラムはアルミニウム)
・Integrated seat mast with cut out
・シートポスト径:27.2mm 内蔵型ウェッジクランプ
・Raw, Dark Gray Metalic, Film Grain Black
・日本特別仕様として前後ブレーキホール、ブレーキワイヤーはトップチューブ内を通るインターナル仕様

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまでどうぞ。

AFFINITY CYCLES – Lopro

AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)

ニューヨーク、ブルックリンを拠点とし本物のトラックバイクに拘りストリート、そしてシリアスなトラック競技者から絶大な支持を集める”AFFINITY CYCLES/アフィニティーサイクルズ”。
2007年からブランドがスタートした時からラインナップされている彼らのルーツといえるモデルがこの”Lopro/ロープロ”です。
トップチューブがシートからハンドルに向けて下がるオリジナルジオメトリーデザインは多くのライダーを魅了し愛され続けています。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)

ニューヨークはメッセンジャーが駆け巡る街であり、自転車にとっては世界でもっとも過酷なストリートと言えるでしょう。
AFFINITY CYCLESはそんな過酷な街を日々走り続けるメッセンジャー達と常に密接な関係を保ち、Loproをはじめとする全てのフレームのテストを彼らと共に行い生み出されています。

11023193_936079929745019_1918381291_n

この過酷な環境下でテストされて熟成されたフレームがまさにこの”Lopro”。
生粋のストリート生まれのフレーム。
設立当初から約10年変わらずに世界中で愛され続けているということは見た目の美しさだけではなく、その走りの良さとタフさを証明する証拠と言えるでしょう。

IMG_22142

昨年末リリースされたMASH SFの新作ムービー内でMatt Reyesがこの”Lopro”を駆り素晴らしいストリートライディングを見せてくれたのも記憶に新しいところ。

23

速く、タフで、カッコいい。
それがストリートライディングにおける最も重要な要素であり”Lopro”は高次元のバランスで実現しています。
トラックバイクでのストリートの速さはロードバイクのそれとは異なり、車の間を正確にすり抜けるクイックさ、そして瞬発力のある加速力が鍵となります。

10832170_399083380257552_1328516370_n

“Lopro”は短いホイールベースとヘッド角の立ったジオメトリによって鋭い加速とキレの良いハンドリングを与えてくれます。
フレームのメインパイプにはエアロ形状のクロモリ製オリジナルカスタムバテッドチューブを採用。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)

品質の高いクロモリチューブは何よりタフさにおける信頼性が高いと共に適度なしなりをフレームに与えてくれます。
その乗り心地の良さはニューヨークのようにボコボコで道の荒れたストリートでは非常に重要でライディングによる体への負担を軽減してくれます。
そしてオリジナルデザインのエアロパイプは前下がりの”Lopro”の美しいフレームデザインをより引き立てています。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)

毎年素晴らしいカラーバリエーションでリリースされるAFFINITY CYCLESの”Lopro”。
2016年もどれも魅力的なカラー揃いとなっています。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)

まずは日本のみのスペシャルカラーである”Electric Blue”。
深みがある美しいティールブルーが見事な限定カラーです。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)
AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)
AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)

鮮やかな”Electric Blue”に対しシックな印象を与えてくれる新色がこの”Snow White”。

AFFINITY CYCLES - Lopro (snow white)

18%グレーという僅かにグレーを含んだ他には無い絶妙なホワイト。
AFFINITYのロゴのみ明るいホワイトとなりそのコントラストも抜群です。
薄くブルー系のパールフィニッシュが施されているので光の加減で僅かに青く光るのも魅力です。

IMG_22143
AFFINITY CYCLES - Lopro (snow white)
AFFINITY CYCLES - Lopro (snow white)

そして最後は昨年に登場した人気カラー”Film Grain Black”。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)

フィルムカメラの写真ようなざらついた描写をイメージした独特なブラック。
AFFINITYロゴはソリッドブラックとなりホワイト同様にそのコントラストが見事です。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)
AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)
AFFINITY CYCLES - Lopro (Film Grain Black)

この素晴らしい3カラーの新作フレームたちは3月下旬に日本上陸となります。
今回日本へ入荷する全てのフレームは昨年と同様にすべて前後ブレーキ穴を完備し、さらにブレーキワイヤーを美しくルーティングすることのできるトップチューブ内を通るインターナル仕様となっています。
日本の道路交通法に準拠し、美しく、そしてブレーキ性能も最大限に引き出せるようにアレンジしています。

AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)
AFFINITY CYCLES - Lopro (Electric Blue/Japan Exclusive Color)
AFFINITY CYCLES - Lopro (snow white)

IMG_22144

“AFFINITY CYCLES” lopro frame set

・価格:83000円(税別)
・サイズ:S(SEAT TUBE C-C530mm、TOP TUBE C-C515mm)、M(SEAT TUBE C-C570mm、TOP TUBE C-C535mm)、L(SEAT TUBE C-C605mm、TOP TUBE C-C565mm)
・シートポスト径:27.2mm(シートクランプ径30.0mm)
・フロントエンド幅:100mm
・リアエンド幅:120mm
・ヘッド:1インチ アヘッド(イタリアン)
・BB規格:JIS 68mm
・ホイールサイズ:前後700c
・素材:4130クロモリ オリジナルエアロチューブ
・カラー:Electric Blue(日本限定カラー)、Snow White (18%gray)、Film Grain Black
・日本特別仕様として前後ブレーキホール、ブレーキワイヤーはトップチューブ内を通るインターナル仕様

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまで。

TUBULAR or CLINCHER?

ニューヨーク、ブルックリンを拠点としストリートからトラック競技までトラックバイクへ拘り続け
素晴しいフレームたちを生み出すAFFINITY CYCLESよりオリジナルTシャツが入荷しました。

IMG_21274

TUBULAR or CLINCHER?
チューブラータイヤか?それともクリンチャータイヤか?
トラックバイク乗りならば一度は頭を悩ませるのがこのタイヤの問題。
チューブラータイヤ派、クリンチャータイヤ派なんて言われることもあるタイヤの種類をテーマとしたのがなんともAFFINITY CYCLESらしいTシャツです。

IMG_21270

しなやかさ、グリップ、走りの軽さ、そして気持ちの良すぎるスキッドサウンドを持つ走りに特化したチューブラータイヤ。

IMG_21272

タイヤのバリエーションが豊富でパンクしても交換が簡単で多くのメッセンジャーやストリートライダーに愛されるクリンチャータイヤ。

IMG_21273

ボディは丈が短めで身幅のゆったりとしたボックスカットタイプを使用しドカンとプリントが入ったシンプルで無骨なアメリカンな仕上がりが良い感じです。

IMG_21271

あなたはどっちのタイヤが好きですか?

お問い合わせはOPEN DISTRIBUTIONの各ディーラーまたはinfo@weareopen.jpまで。